和菓子のあとりえ
教室のご案内 和菓子レシピ ギャラリー 和菓子事典
教室のご案内
コース内容・料金
スケジュール
生徒募集要項
受講申込み手続き
講師プロフィール
教室へのアクセス
教室からのお願い
FAQ
掲示板
京菓匠游月--美しく美味しい和菓子
和菓子のあとりえ推薦の
和菓子のお店です

スケジュール

和菓子教室あとりえのレッスンメニュー

和菓子教室あとりえでは、以下のような和菓子コースが開設されています。
※今春の募集クラスは、基礎講座クラスVer.1&2の2種類のクラスです。

基礎講座クラス Ver.1&2(受講期間は共通〜1年完結)
  基礎講座クラスは、和菓子職人の手際を公開する実技講習と、
和菓子の素材、材料別(煉りもの、蒸しもの、餅もの、羊羹もの等々)に分け
受講生ご自身で和菓子をひとつずつ作っていただく内容になっています。
尚、レッスン中(殊に講師のデモストレーション講座)の撮影、録音ができますが、
先々、受講生ご自身が和菓子作りの復習の為にのみ使用する事を条件として
許されます。勿論、レッスン進行の妨げにならないこと、
如いては、ご自身の和菓子作りが疎かにならないようご注意ください。
レッスン中の撮影等につきましては、必ずお約束を守ってください。
上級コース:今春より新規構成の上級クラスがスタートします。
■和菓子のあとりえマイスター取得コース:全4クラスの設定。

 

    10:00〜13:00 14:30〜17:30
第一 土曜日 基礎 Ver.1 基礎 Ver.2
日曜日 マイスター 上級
第二 土曜日 基礎 Ver.2 上級
日曜日 基礎 Ver.1  
第三 土曜日   上級
日曜日 マイスター 基礎 Ver.2
第四 土曜日 マイスター  
日曜日 基礎 Ver.2 上級

(注)適応期間:令和2年4月〜令和3年3月末日まで

基礎講座クラス

「基礎講座クラス」は、和菓子職人の手際をお見せする実技公開講習と、
和菓子の素材、材料別(煉りもの、蒸しもの、餅もの、羊羹もの等々)に組み分けた和菓子を
受講生ご自身で製作いただく内容となっております。(一年で完結)
 
Ver.1
前 期 後 期
4月
藤の花(淡紫煉切製)
茶席菓子用に吉野葛つなぎ煉り切り餡をご自身で作って細工ヘラで巧みに仕上げます。
10月
錦秋(早こなし製)
錦秋の移ろいを鮮やかな燈黄色、黄色、緑色、三つの彩りで表し、行く秋を愛でます。
5月
黒糖羊羹(干し無花果入り)
大島黒糖羊羹に干し無花果添えて棹ものを2本作ります。また別途、干菓子:梅味糖も作ります。
山茶花(薄紅色煉り切り製)
11月
山茶花(薄紅色煉り切り製)
茶席菓子用に吉野葛つなぎ煉り切り餡をご自身で作って、細工ヘラで巧みに仕上げます。
6月
小豆漉し餡&白漉し餡の炊き方
講師によるデモストレーション講座です。
干菓子艶干し錦玉
12月 / 1月
干菓子艶干し錦玉
淡く炊き上げた錦玉を一つひとつ仕上げます。 同時に生豆からの小倉餡(甘納豆)の炊き方を、 実践講義いたします。
7月
涼風柚子わらび餅
芳香な柚子のわらび餅を炊きます。また別途、上用饅頭生地の作り方も学びます。
3月
春景色(上用饅頭製)
春の訪れは南から。裾野の里から山々へゆっくり駆け上がります。春の芽吹きの蕨、そして百花繚乱の春。
9月
竹皮包み栗蒸し羊羹
野趣に富んだ栗蒸し羊羹を竹皮に包んでじっくり蒸し上げます。また、栗の甘露煮の作り方も学びます。
2月
桜餅&草団子
春の和菓子の定番と言えば桜餅と草団子。桜葉の香りと蓬の青々し美味しさを一足先にお楽しみください。
 
Ver.2
前 期 後 期
4月
陽春
芳香な生柚子羊羹に大納言鹿の子を散らして蒸し上げた軽羹を重ね合わせて春の風情を表します。
10月
和三餅&まさり草
得も言われぬ芳香な和三盆糖に包まれた柔らかい餅と布巾で絞った菊の花の二種類のお菓子を作ります。
5月
青梅(ういろう製)
鬱陶しい梅雨の一雨、一雨ごとに青さを増し、初夏の味覚をお楽しみください。
11月
柚子の香
冬至の日に柚子湯に入ると風邪を引かないとか・・・またこの日に来る新年の一陽来復を願います。
6月
水無月(ういろう製)
6月30日は夏越の払い。健康に感謝し、この一年の無病息災を願います。また栗餡も別途、炊きます。
12月 & 1月
丹頂鶴(煉切製) 
初春を寿ぎながら、ひとつひとつ僅かな菓子道具で作り上げます。鶴亀、紅白、錦(二色)と祝いの言葉。
7月
秋便り
所謂、栗饅頭を一足先に作ります。自分で炊いた栗餡でしっとりした焼き菓子に仕立て上げます。
2月
早春賦
常套句、春とは名ばかり…花はな花の魁、梅花。中華種を丁寧に流し、しっとりした小倉餡を包みます。
9月
栗餅
豊年の秋と謂えば、栗をおいてありません。歯切れのいい柔らかいお餅で秋の実りを包み込みます。
3月
わらび餅&和三盆糖
なんとも謂えぬ黄な粉の香りに包まれたわらび餅と和三盆糖の干菓子の打ち物を作ります。
※製菓材料、レッスンの進行状況によりカリキュラムが変更になる場合も有りますので
 予めご了承ください。

上級コース

(注:上級コース2年間の予定表です)

4月
五月五日は、端午の節句。
我が子の健やかな成長を願い菖蒲(尚武)の葉に包んで祝います。
葛切り
喉越し爽やかな葛切りに、大島黒糖に和三盆糖の香りが重なって得も言われぬ美味しさ。
5月
薫風
爽やかな風に木々の翠が心地よく揺れます。食べ口も爽やかにしっとりした餡を包みます。
水牡丹
百花の王、牡丹。
喉越し爽やかな吉野本葛で仕立てます。
6月
ほおずき
浅草寺境内を彩る夏の風物詩、鬼灯市。
凌ぎにくい梅雨のひと時の涼を・・・
柚子みぞれ
六月水無月、雨がお似合いの季。
雨に洗われた木々の緑は、一層、青さを増します。
7月
土用餅
古くは宮中で行なわれていた風習。この土用の入りに食べると暑気当りをしないと謂われます。
琥珀
太古から伝わる宝物、琥珀。 鬱陶しいこの季節、涼味爽やかに仕立てます。
9月
芋秋
足早やに訪れる秋、野山は色付き始め、 万物恵みの稔りの季節の到来。
団子に芋や栗を供え、秋の夜長に名月を愛でます。
栗(石衣)
実りの秋といえば、松茸や栗。
一つひとつ手間暇かけて作ります。
10月
里の秋
天高く馬肥ゆる秋、五穀豊穣の恵みの季節です。
海山里川のさまざまな恵みを心ゆくまで楽しめる味覚の秋の到来。
月餅餡
胡桃にレーズンなどを加えて
芳香なフレッシュバターをたっぷり。
月餅餡を仕込みます。
11月
月餅
和菓子のあとりえリクエストNo.1
和菓子職人技で巧みに焼き上げます。
みたらし団子
木枯らしが吹き荒れるころ
和菓子にも温かいものが始まります。
12月〜1月
花びら餅
一陽来復の新春。正月の宮中儀式に用いられた鏡餅が雅な姿の和菓子に。裏千家、初釜のお菓子。
椿餅
野趣に富んだこの季節ならではの椿餅。
凛とした椿の葉から淡い紅の花が覗きます。
2月
早蕨
真っ白な雪原の中から
万物に先駆けてそっと芽生えます
都の春
春うららかな風情を、余韻よろしい程に
風韻菓そぎ種仕立てに致しました
3月
水温む
百花繚乱の春。
雪解けの水も温み、水辺の鳥たちも
楽しく泳ぎます。
木の芽田楽
春の芳香な山椒の木の芽を京白味噌のお供にした
春告旬菓『木の芽田楽』

Profile Contact Privacy Link

Copyright © 2020 和菓子のあとりえ All Rights Reserved.